赤ちゃんが便秘で出血した場合

赤ちゃんが便秘になると便が硬くなり、出血することがありますがあわててはいけません。
オムツを取り替えようとすると便に血液がついているということはよくあることです。
では便秘で出血した場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

便秘による出血は硬いウンチを出したときに肛門が傷ついたりしたためについてしまったということが多いです。
ですが肛門の治癒力は高いので、その日のうちに出血が治まるなら問題ありません。
翌日以降も出血している場合は小児科にかかりましょう。
出血が毎日続く、ウンチをするたびに泣くというような場合は痔が考えられます。
肛門が裂けてしまっている状態ですし、細菌が入り込んで炎症してしまうこともあります。
このような状態になってしまったらまず肛門の周りをキレイにするよう心がけましょう。
それからかかりつけの小児科を受診してください。
小児科ではうんちをやわらかくするための薬をつかったり、消炎鎮痛軟膏を処方されますので、指示に従って赤ちゃんに使ってあげましょう。

便秘でおしりが切れ出血するのは仕方ありません。
ですが習慣化してしまう、便秘で苦しいということが続くと、赤ちゃんの中でうんちをすることが苦しいことという意識に変わってしまい、うんちをしなくなってしまうことがあります。
そうすると便秘は悪化の一途をたどりますから、しっかりウンチを出すためにも水分補給、食物繊維の摂取などを親御さんが心がけてあげるようにしましょう。

Comments are closed.