赤ちゃんの便秘で病院に行く場合の目安

赤ちゃんが便秘になったらいつ病院に行けばいいのでしょうか。
親御さんの中には便秘で病院にいくなんてとんでもない、という人もいます。
ですが実際には便秘を理由に通院する赤ちゃんは少なくありません。
そして浣腸や飲み薬などの処方を受けます。
なんとか自然にうんちを出させてあげたいと、麺棒浣腸を試したり、白湯などを試したりしても出ないことはあります。
最も怖いのは便秘の習慣化および重症化です。
便秘が続けばうんちは硬くなり、いきむときに肛門が切れて痛みを伴います。
そうすると赤ちゃんはうんちをすることが苦痛だと覚え、うんちをしなくなってしまいます。
そうなる前に病院を受診するようにしましょう。

便秘での受診に目安となる日数はありません。
というのも赤ちゃんには排便のリズムがそれぞれあるからです。
それではどのような状態になれば病院を受診すればいいのでしょうか。
1つは赤ちゃんの機嫌が悪くなっていないかです。
うんちの回数が減った、四六時中機嫌が悪い、いきむときに泣く、母乳を飲まない、離乳食を食べない、口にしたものをはいてしまうという目安がまずあります。
また月齢が低い場合は体重の増加が悪い、おなかが張っている、うんちに血液がついているというような場合は病院を受診しましょう。

受診するときには赤ちゃんの排便のリズムと、どのくらいうんちが出ていないのか伝えるようにしましょう。
病院では内服薬を出す場合や浣腸する場合があり、それぞれの症状に応じて変わります。
便秘が習慣にならないように、必要と感じたときには病院を受診するようにしましょう。

Comments are closed.