マッサージで赤ちゃんの便秘を解消

最近は子育て中の男女を対象にしたベビーマッサージ教室が人気を集めていますね。
赤ちゃんと効果的なスキンシップを取ることができ、筋肉の適切な発達を促すほか、夜泣きの軽減などにも役立つと言われています。
それらと並び、便秘症状の緩和も、赤ちゃんマッサージの大きな効果です。

実際に便秘症状がある時に、肛門周りを刺激したりお腹をさすったりするだけでも効き目があるようです。
お腹は、円を描くように手の平全体を使ってさすってください。
直接肌に触れて行う場合は、アーモンドオイルやジェル等を使い、赤ちゃんの肌に摩擦の刺激を与えないよう注意しましょう。

ベビーマッサージには色々なメニューがありますが、いずれにも共通するのが、赤ちゃんをリラックスさせ自律神経を整えるという働きです。
自律神経のバランスが整うと、ストレスが溜まりにくくなるので、便秘の原因が一つ解消しますね。
お腹やお尻だけでなく、股関節を体操でほぐしたり、背中をさすってあげたりするのも、広い意味で便秘予防になるのです。
股関節の体操は、仰向けにした赤ちゃんの足を、自転車を漕ぐように回して行います。
前回り、後ろ回りの両方向に回してあげてください。
おむつ替えのついでに毎回行う人も多いようです。

また、腹ばいの姿勢をとらせることで、便秘の予防や緩和につながります。
お腹への刺激があるだけでなく、腹筋や背筋を鍛える効果があるためです。
腕の力がつき、うつぶせで顔を上げた体勢がとれる赤ちゃんは、時々腹ばいにさせてみましょう。

Comments are closed.