赤ちゃんの便秘を便秘薬で対策

赤ちゃんの体はデリケートですから、便秘もなるべく薬に頼らず治したいというのが親の本音ではないでしょうか。
そうは言っても、赤ちゃんの体質などにより、マッサージや綿棒の刺激では効果が出ないこともあります。
赤ちゃんに便秘薬を使う前に、便秘薬の特性と使い分けを知っておきましょう。

便秘改善の内服薬は、大きく3つの種類に分けられます。
第一に腸の壁に刺激を与えて排便を促すタイプで、こちらは運動不足が主要因の便秘に有効です。
効き目が強い分、赤ちゃんが腹痛を感じることもあります。
また、薬の刺激がないと排便しづらくなってしまう、習慣化の問題も心配ですよね。
まずは小児科を受診し、医師の判断のもと使用したいお薬です。
次に、腸による水分吸収を抑制し、便が固くなるのを防ぐ便秘薬があります。
このタイプが有効な赤ちゃんは、普段から水分不足の傾向にあると言えます。
こまめに水分を補給し、今後の便秘を防いでいきましょう。

最後は、腸内の善玉菌の栄養となるものを積極的に摂ることで便秘を解消するお薬です。
必要な成分は主に糖ですので、便秘薬というより食品に近いものです。
大人向けの健康食品でも、善玉菌の活性化により腸内環境を整え、便秘を予防するものがありますね。
善玉菌が糖を分解する過程で発酵が起こり、これにより腸のぜん動が促される働きもあります。
水分不足が原因の便秘でなければ、腸の動きが活発になることで、排便につながります。

これら内服薬の他に、座薬という手段もあります。
こちらも直腸を刺激するものが主流ですので、まずは医師に相談するようにしましょう。

Comments are closed.