赤ちゃんの便秘の予防と対策

赤ちゃんの便秘の予防と対策のためには何が必要か見てみましょう。
赤ちゃんの便秘対策のためには何よりもお母さんが協力しなければなりません。
というのも赤ちゃんは自分で体調管理ができませんから、お母さんや親御さんの助けが必要なのです。
母乳、粉ミルクだけではなく、白湯などで水分補給をすることで便も柔らかくなり、便秘の解消と予防につながります。
赤ちゃんは大人以上に汗を書きますが、水分補給は大人がしてあげなければなりません。
特に乾燥する時期や夏はしっかり水分補給をしてあげましょう。

では日常における便秘予防法はほかにないのでしょうか。
赤ちゃんは基本的に離乳食が始まるころから便秘がちになりやすいといわれています。
ですから離乳食が進んだら、果汁やヨーグルトなど乳酸菌の多い食事を与えるようにしましょう。
またおなかの上でのの字を書くようにマッサージしてあげると胃腸の働きを促進します。

赤ちゃんは自分で便秘解消法を実践することはできません。
しかし赤ちゃんは毎日うんちが出なければ便秘ということはありません。
それは赤ちゃんにも排便のリズムがあるからです。
1日1回うんちをする赤ちゃんもいれば、3日に1回で十分という赤ちゃんもいます。
このような場合、赤ちゃんは特に機嫌が悪いわけでもなく、普段どおりに過ごしています。
普段からお母さんや親御さんがしっかりと体調を管理し、便秘にならないように心がけて上げましょう。
もしもぐずっていたりするようなら、便秘を疑ってもいいでしょう。

Comments are closed.