赤ちゃんの便秘を規則正しい生活で改善

赤ちゃんの便秘解消法のひとつに規則正しい生活習慣があります。
生まれたばかりの赤ちゃんは消化器官が未発達ですから夜中でも泣いて起きますが、ある程度月齢がたつと生活のリズムが整い、夜もまとめて寝るようになります。
このころ生活のリズムが乱れてしまうと、便秘体質につながってしまいますから要注意です。

この時期から赤ちゃんの生活リズムを整えてあげることで、便秘の解消につながります。
規則正しい生活は排便を促し、自律神経を正常にします。
大人を考えてみればお分かりいただけるでしょうが、いつもと違う時間に食事を摂ったり、朝食を抜いたり、1日中外にいたりするとなかなか排便できないものです。
これは小さな赤ちゃんも同じことです。
お昼寝の途中で起こされる、十分に遊ぶことができない、離乳食の時間がずれるということは、便秘になってくださいといわんばかりの行動です。

大人であれば食物繊維の多い食事を摂ったり、運動をしたりすれば便秘が解消することができますが、赤ちゃんは自分からそのように行動することができません。
赤ちゃんの便秘解消のためにも、もっともその方法を採りやすい生活リズムの改善からはじめるといいでしょう。
不規則な生活は排便のリズムを乱し、便秘になりますから、規則正しく、離乳食が始まっているのなら離乳食の時間を均一にし、お昼寝の時間、お風呂の時間、夜寝る時間も同じにしてあげることです。
親御さんがしっかり赤ちゃんの生活リズムを管理してあげましょう。