母親の食生活は赤ちゃんの便秘に影響する?

一般的に、母乳で育てられた赤ちゃんの方が、ミルクを飲んでいる赤ちゃんより排便頻度が高いと言われています。
それだけに、母乳の赤ちゃんが便秘になると不安ですね。
母乳育児で赤ちゃんの便秘を防ぐには、母乳の質と量、両方に気を配ることが必要です。

大人でも、動物性タンパク質の摂り過ぎは腸内環境を悪化させ、便秘の原因となることが多いですね。
授乳中の母親がそのような食事を継続していると、母乳を通じて赤ちゃんにも同じ影響がでると考えられるのです。
母乳は母親の血液から作られ、食べた物の栄養がほぼそのまま反映されると言います。
自分自身の健康を維持するためにも、バランスの良い食生活を心がけましょう。

また当然ながら、摂取する量が少なければ、出す量も減ってきます。
哺乳瓶でミルクを与える場合と違い、母乳は実際に赤ちゃんの飲んだ量が分かりにくいものです。
赤ちゃんの体重が順調に増えているかどうかを調べれば、母乳が足りているか分かります。
体重がスムーズに増えていない、すぐにお腹が空いてぐずり出す、というような赤ちゃんは母乳不足が考えられます。
保健所で受けられる定期健診や、かかりつけの小児科で相談し、必要であればミルクも併用していきましょう。

母乳にしては排便回数が少ないが体重は順調に増えている赤ちゃんは、栄養の吸収能力が高いだけという可能性もあります。
この場合はもちろん、全く心配要りません。
排便に慣れていない赤ちゃんは、便を出す際に苦しそうな様子を見せることがありますので、マッサージ等でサポートしてあげましょう。

赤ちゃんの便秘と水分不足

口から取り入れた食べ物や母乳は、消化の最後に、大腸で水分を吸収されます。
この段階で便が固くなり過ぎると、排出しづらくなり便秘につながります。
普段から体内に水分が足りない状態だと、大腸でより多くの水分を吸収する必要が生じ、便が固くなりがちです。
そのため、こまめな水分補給が重要なのです。

みずみずしい肌のことを赤ちゃん肌と呼びますが、その通り赤ちゃんは大人に比べて、体内に占める水分の割合が多くなっています。
更に赤ちゃんは体重1kgあたりに直すと大人よりたくさんの汗をかき、頻繁に泣きます。
つまり元々必要とされる水分の量が多い上に、失われる量も多いのです。

ではどのような手段で水分補給をしてあげれば良いのでしょうか。
母乳のみで育てている場合、特に別途水分を与える必要はないと言われています。
ただし母親がいつも脂っこい食事をしているなど、母乳の質が悪いのであれば話は別です。
水分が少なく粘り気のある母乳は、赤ちゃんにも敬遠されます。
きちんと母乳を飲んでいるかどうか、普段から注意しておきましょう。

離乳食が始まった後や、大量の汗をかいた時などは、白湯などで水分補給すると良いでしょう。
お茶やコーヒーは、カフェインやタンニンが強く作用しますので避けましょう。
スポーツドリンクも、赤ちゃんには浸透圧が高すぎたり、余計な香料が入っているものが多いです。
ミネラルウォーターは、硬度が高いと腸を刺激しすぎる場合があります。
赤ちゃん用と書かれた麦茶やイオン飲料が安心です。

赤ちゃんが便秘の時に与えると良い食べ物

赤ちゃんの便秘には食べ物で解決する方法があります。
ただしアレルギーの心配がある食べ物もありますから、与えていい時期を考えてからあげましょう。
離乳食が始まるのは5ヶ月ころからですが、アレルギーが心配な方は医師や栄養士に相談しながら始めていってください。

ひとつはプレーンヨーグルトです。
そのまま与えるという方法もありますが、野菜や果物と一緒にあげてもいいでしょう。
それから豆腐です。
ゴックン期から利用できるたんぱく質で、たいていの赤ちゃんが口にするものです。
同じ大豆製品ならきな粉もいいでしょう。
きな粉はおかゆに混ぜたり風味付けに最適です。
卵は卵黄を小さじ1杯からはじめます。
アレルギーの心配がなければ与えて問題ありません。

牛乳をそのまま飲ませるのは1歳からですが、調理で使用する分にはゴックン期から60ml程度使ってもかまいません。
モグモグ期に入ったらコーンフレークの無糖タイプをあげてみるといいでしょう。
繊維質が豊富なオートミールを煮てもいいです。
ほかにもサツマイモやジャガイモ、バナナ、緑黄色野菜は赤ちゃんの便秘にもぴったりの食べ物ですし、安心して与えられます。
このように、赤ちゃんの便秘に与えられる食べ物は離乳食の初期のころからたくさんあります。
離乳食には段階がありますから、しっかりその時期にあった固さにする必要はありますが、便秘解消のためにはぴったりの食べ物も多いです。
野菜、果物などを中心にアレルギーや糖分にも気を配りながらあげていきましょう。

赤ちゃんの便秘と離乳食の関連性について

赤ちゃんの便秘と離乳食には大きな関係性があります。
赤ちゃんも生後5ヶ月ころになると離乳食が始まります。
それまで口にしてこなかったものをおなかの中に入れるのですから、ひとつの大きな成長といえるでしょう。
しかし今まで体の中で消化してこなかったものが入ってくるということは便秘になってしまうということもあります。
たいていの赤ちゃんは離乳食が始まると便秘を経験します。

ではなぜ離乳食が始まったばかりの赤ちゃんに便秘が多いのでしょうか。
その原因は主に3つです。
1つは水分が足りていないことです。
離乳食が始まると母乳やミルクの量が減るため、水分が不足しがちです。
水分が足りていないと思ったら、野菜スープや重湯、薄めた果汁など水分を与えましょう。
2つ目は腸内細菌の関係です。
赤ちゃんの腸内にはビフィズス菌が多く、母乳の場合は90%がビフィズス菌です。
ところが大人になっていくとどんどんその数は減り、成人では10~20%ほどしかいません。
このように、離乳食が始まると腸内細菌バランスが変わり始めるため、便秘につながりやすくなります。
ヨーグルトや納豆、りんごなどで補ってあげましょう。

3つ目は便のかさ不足です。
離乳食はおかゆやつぶした野菜など消化にいいものばかりですから、どうしても便のかさが不足し、便秘になってしまいます。
離乳食に食物繊維を取り入れ、便がスムーズに排出されるよう助けてあげましょう。
このように、赤ちゃんの便秘と離乳食には密接な関係があるのです。