母乳育児は便秘になりやすい?

赤ちゃんを母乳で育てていると便秘になりやすいといわれていますが本当でしょうか。
しかし一般的にはミルクの赤ちゃんよりも母乳の赤ちゃんのほうが便秘になりづらいといわれています。
というのも母乳には整腸作用のあるオリゴ糖が含まれているため、赤ちゃんの腸内運動も円滑になるからです。
最近は育児も母乳を推進している病院が多く、スキンシップであったり、免疫力の増加であったり、母乳には大きなメリットがあります。

ではなぜ母乳でも便秘になる赤ちゃんがいるのでしょうか。
それは母乳が足りていないからです。
母乳の量が足りなければ赤ちゃんのうんちも少なくなるため、絶対的なかさが足りずにうんちが出なくなってしまいます。
原因として考えられるのは母乳がもともと少ない、赤ちゃんがまだ上手に母乳を吸えていないということが考えられます。

原因がお母さんのほうにあるなら、お母さんの食生活を改善することが必要です。
ただしお母さんが便秘であれば赤ちゃんも便秘になるということはありません。
母乳に出るのはお母さんの食べたものの栄養素ですが、すべて出てくるということではありません。
よく便秘の赤ちゃんにはお母さんが食物繊維をとりなさいという人がいますが、母乳にそのまま食物繊維が含まれるのかというとそうではありません。
ただし、便秘になると有害成分がお母さんの血液から母乳へ回りますので、上質な母乳ができずに栄養不足になることもあります。
赤ちゃんの便秘解消のためにも、お母さんがまずは健康的でなければなりません。

Comments are closed.