運動不足で赤ちゃんは便秘になる?

赤ちゃんが便秘になりやすいのには、大人のように能動的な運動があまりできないという理由もあります。
運動による腸への刺激が、大人と比べて少ないのですね。
自分で動くことが出来ない頃の赤ちゃんには、親がエクササイズを行って腸に刺激を与えましょう。
赤ちゃんを仰向けにし、自転車を漕ぐように、股関節から足全体を動かしてあげます。
前回しと後ろ回しをバランスよく行いましょう。

また、膝を持って回す運動も効果があります。
左手で左膝、右手で右膝を優しく包み、外向き・内向きそれぞれに半円を描くように回します。
これらの運動によって、便秘を防ぐと同時に赤ちゃんの股関節も柔らかく保つことが出来ます。
成長後の身長や姿勢の良さにも関係すると言われていますので、折を見て積極的に行いましょう。

運動不足が便秘につながる2番目の原因は、体を動かさないので食欲が湧かないということです。
食欲が湧かないと食べる量が減りますので、スムーズに排泄できるだけの便が残らないのです。
こうして考えると、赤ちゃんと言えど体の事情は大人と同じですね。

昔から、親が運動不足気味の家庭では赤ちゃんも運動不足になりがちと言われます。
ハイハイが出来るようになり、急激に運動量が増える時期に入っても、同じ時期の他の子供と比べてあまり動かない傾向があるのだそうです。
動きの少ない親の姿ばかり見ていた赤ちゃんは、無意識のうちにその運動量をお手本としてしまうのかもしれません。
便秘や肥満を防止するためにも、赤ちゃんの成長段階に合わせた運動を促していきましょう。

Comments are closed.