母親の食生活は赤ちゃんの便秘に影響する?

一般的に、母乳で育てられた赤ちゃんの方が、ミルクを飲んでいる赤ちゃんより排便頻度が高いと言われています。
それだけに、母乳の赤ちゃんが便秘になると不安ですね。
母乳育児で赤ちゃんの便秘を防ぐには、母乳の質と量、両方に気を配ることが必要です。

大人でも、動物性タンパク質の摂り過ぎは腸内環境を悪化させ、便秘の原因となることが多いですね。
授乳中の母親がそのような食事を継続していると、母乳を通じて赤ちゃんにも同じ影響がでると考えられるのです。
母乳は母親の血液から作られ、食べた物の栄養がほぼそのまま反映されると言います。
自分自身の健康を維持するためにも、バランスの良い食生活を心がけましょう。

また当然ながら、摂取する量が少なければ、出す量も減ってきます。
哺乳瓶でミルクを与える場合と違い、母乳は実際に赤ちゃんの飲んだ量が分かりにくいものです。
赤ちゃんの体重が順調に増えているかどうかを調べれば、母乳が足りているか分かります。
体重がスムーズに増えていない、すぐにお腹が空いてぐずり出す、というような赤ちゃんは母乳不足が考えられます。
保健所で受けられる定期健診や、かかりつけの小児科で相談し、必要であればミルクも併用していきましょう。

母乳にしては排便回数が少ないが体重は順調に増えている赤ちゃんは、栄養の吸収能力が高いだけという可能性もあります。
この場合はもちろん、全く心配要りません。
排便に慣れていない赤ちゃんは、便を出す際に苦しそうな様子を見せることがありますので、マッサージ等でサポートしてあげましょう。

Comments are closed.